スタッフブログ

アコースティックギターの調整について

ある女性から「ブログ更新してないやんけ!」とお𠮟りをいただきましたので粛々と更新いたしました。

ジメジメした時期になりますと、アコギの調整依頼が増えます。

ダントツで多いのがネックの反り調整。特に若い子ですね。

「ギターを買ったときにお店の人から、ここは触っちゃいけない」と言われるケースが多いようです。

自分のギターなのに・・・と思いつつ、六角レンチでクイクイと調整してあげます。(無料)

この時点で気づくのですが、俗にいう「安価なギター」、通販でセット198的なギターはネックがウネウネですね・・・

これはどうしようもないのでこのままです。指板矯正なんかしたら原価を大きく上回ります。

ネックを戻してあげるだけで弾きやすくなります。

さらにもう一歩、ブリッジを削って弦高をできるだけ低くしてあげます。(その日の気分で無料)

ギターを始めようとする方は、ギターは買ったものの、何から始めていいやら分からないものです。

ギターの調整に来るということは、ある程度弾けるようになっているということですから、引き続き頑張っていただきたいと思います。

ギターを買うとき、買ったときは、まずそのギターのセッティングで頑張ってみましょう。5万円クラスのギターであれば、メーカーの意図するネックの太さや寸法、弦高の意味が分かると思います。

最近では通販でご購入いただいたお客様から「〇〇mmにセットして出荷して」というご依頼が多くあります。

ご指示には従いますが、先ずはそのギターの「素材の味」といいますが、素の姿でお楽しみいただきたいというのが本音です。

ブリッジを自分で削ることは安易ですので。

プレイアビリティーとサウンド、どちらが欠けてもそのギターの特性は発揮されないと思います。

ここが難しく、楽しいところですね。

 

出張・宅配・店頭の
3つの買取方法から選べます!

よくある質問はこちら

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

まずは無料査定 ご質問やご相談もお気軽にお問い合わせください

  • 電話番号:0120-07-3986

    営業時間 10:00~19:00 / 不定休

  • LINEで相談

ギターのリペア・メンテナンス

選べる3つの買取方法