スタッフブログ

アコースティックギターのメンテナンス

この時期はアコギの鳴りがイマイチですね。

お客様より弦高下げと全体的な調整を依頼されました。

6弦2.5mm、1弦2mmとの依頼です。

弦高は高いと鳴りが良いが弾きづらい、低くしすぎるとその反対です。

弾きづらければ元も子もないのでご依頼通りにサドルを削り、下げさせて頂きました。

ネックはトラスロッドで調整するもややハイ起き気味。木製品なので仕方ないですね。

ギターとして成り立つのであれば気にしませんし、問題ありません。

ナットも問題ナシでした。

フレットは画像のようにマスキングを行った上でピカピカに磨き上げます。見づらい減り具合も確認できるのでやってみて下さい。しっかりマスキングすれば歯磨き粉でオッケーです。

フレットプレートですと、左右の隙間からコンパウンドが漏れてしまい、フレットの脇に侵入しますのであまりおススメしません。

指板はクリーニング後に薄くオイルを塗り、当店オリジナルの蜜蝋ワックスで水分の侵入を抑えます。この時期にオイルアップしすぎると全体的に柔らかくなってしまい、反りの原因につながりますのでご注意を。

 

作業前

作業後

出張・宅配・店頭の
3つの買取方法から選べます!

よくある質問はこちら

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

まずは無料査定 ご質問やご相談もお気軽にお問い合わせください

  • 電話番号:0120-07-3986

    営業時間 10:00~19:00 / 不定休

  • LINEで相談

ギターのリペア・メンテナンス

選べる3つの買取方法