スタッフブログ

カール・パーキンスなんちゃら

高校2年の時、バイト代を貯めて「マックロード」というナショナルのビデオデッキを購入。

母親方の叔父さんが秋葉原の石〇電気で働いていたので、社員割引きで安くしてもらったのを覚えています。

んで、最初に見たのがCARL PERKINS&FRIENDSです。

ビートルズの師匠だという事で、このビデオは父親方の叔父さんにもらいました。

ジョージ・ハリスン、エリック・クラプトンはもちろんですが、STRAY CATSのスリムジム・ファントム、リー・ロッカーが出ていて、華やかなロカビリーセッションは非常に刺激的でした。

カール氏のギターと言えば、レスポールかテレキャスターというイメージが強かったのですが、このビデオの中では意外や意外、PEAVEYのT-60という珍しいギターを演奏しています。キラキラしたサウンドですよね。

当時はギターの情報なんて、本屋で立ち読みするギターマガジン記載内容程度しか知識がありませんが、学校帰りに立ち寄ったリサイクルショップでYAMAHAのSG30というギターが自分の中では「カール・パーキンスのギターにやや似ている」という解釈の中、購入しようとまたバイトをするも、貯まったころには店が潰れているというよくある話で終了。

そのお金はどこに行ったやら。

「未だエフェクターがない時代に、エコーを発明したんだ」というコメント共に演奏されたフレーズは30年経った今も頭から離れません。

このフレンズシリーズはレス・ポールさんのもありましたね。これはVHSで今でも持ってます。SLASHが出ていたような・・・違ったっけな?

Youtubeでも動画が上がっているようですので、皆様もチェックしてみて下さい!

出張・宅配・店頭の
3つの買取方法から選べます!

よくある質問はこちら

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

まずは無料査定 ご質問やご相談もお気軽にお問い合わせください

  • 電話番号:0120-07-3986

    営業時間 10:00~19:00 / 不定休

  • LINEで相談

ギターのリペア・メンテナンス

選べる3つの買取方法